自動車を所有する方ならば知っているはずですが自動車税が課税されます。そしてこの税金は手放す自動車売却の際に一般的に還ってくるものなのです。このような事は実際に実行したら直ぐに分かりますが、これからはじめから順を追って分かりやすく案内していきます。ちなみに説明をするならば国内で作られているクルマのみが対象ではなく海外の車等も税金が戻ってくる対象に決まっています。当然自動車などもそうです。自動車税という税金は自動車を持つ人が払わなければいけない税金ですが、これは自動車の排気量の大小毎に規定されています。1リッターより低いなら29500円となり1リッターより上で1.5リッター以下までなら34500円。その後は500cc毎に5000円ずつが乗ってきます。また自動車税は4月1日の時点で車を保有している人が、以後一年分のお金を納める事になっています。つまりは前払いになるということですから当然クルマを買取してもらって所有権がなくなった場合などは先に払った分の税額は返還されるというわけです。税の場合は事前納付でその年度のお金を納付するので年度内に愛車を買い取ってもらった場合には、買い取った保有者がお金を支払わなければいけないということです。売却先が中古車買い取り専門店であれば、売却した際に自分が支払いすぎたお金を返金してもらえます。つまり所有権が移った時からの税額は、新しいオーナーが納税義務を負います。10月のうちに愛車を手放した時は11月から来年3月いっぱいまでの税金は返金されます。それは、前述した通り自動車税というのは先払いであるという事実から来ています。要は、前所有者は売却先に払いすぎた税金を返してもらうということになります。業者を介さずに自動車を手放す場合には、何気にこのようなことを忘れている人が見受けられるので忘れないようにすることです。自動車税が自動車を売却すると還ってくるという事実をほとんど知っている人が少ない事をいいことに、その状況を悪用する業者も存在します。自分から自動車税の返金についての話題を出さなければ、一切返金のことについて触れないということもたびたび聞かれます。ですからクルマの買取をする際には、払いすぎた税金が戻ってくるかどうかを聞くことを怠らないようにしてください。

Copyright © 2002 www.webestilo.net All Rights Reserved.