そもそも、個人が破産を申し立てるまでは返済者その人に直接の電話による借金取り立てと負債のあるその人の家への訪問での回収は違法でないということです。とりわけ、破産に関する手続きに進んで以降、無駄な手数が費やされた場合には債権保持人はなりふりかまわぬ集金を行ってくる可能性が上がります。債権保有者側としては負債の支払いもされないでそれでいて破産といった法律上の処理もしないという状況であれば団体内部での終了処理を行うことができないせいです。その上、債権保有者の中では有資格者に連絡していないと気づくと相当強引な集金行動をしてくる企業も存在しています。司法書士事務所あるいは弁護士団体に助力を求めた場合、それぞれの債権保持人は依頼者に対しての直接徴集を行うことができなくなるのです。要請を受け取った司法書士もしくは弁護士の方は依頼を受けた旨の手紙をそれぞれの債権者に送り、各取り立て会社がその手紙を見たのなら債務者は取り立て屋による強引な取り立てから免れるわけです。さらに、取り立て業者が勤務地や本籍地へ訪問しての徴集は法のガイドラインによって禁止事項になっています。貸金業であって登録済みの企業ならば勤務地や本籍地へ訪問しての徴集は貸金に関する法律に反するのを理解しているので、違法だと言ってしまえば、そういう類の返済要求を続行することはないと言っていいでしょう。破産の申し立ての後は破産者に対する返済請求を入れすべての集金行為は禁止されています。よって債権者による返済要求行動はすっかり消えることになります。しかしときどき違法と知っていて電話してくる取り立て屋もゼロであるとは言い切れません。金貸しとして登録している会社であれば破産の申し立て後の返済要求が貸金業法の条項に反しているのを知っているので、言ってしまえば、収金を維持することはないでしょう。ただ、法外金融という俗称の不認可の取り立て屋に限っては範囲外で、強引な収金などが原因の事件が増加し続けているのが今現在の状況です。違法金融が取り立て屋の中にいそうなケースでは必ず弁護士の人もしくは司法書士法人などの法律屋に頼むのがいいといえます。

Copyright © 2002 www.webestilo.net All Rights Reserved.